30代後半の人の転職サイトの選び方

by , under おすすめ転職サイト

30代後半の転職の現状とは
会社の中核を担っていく世代ともいえる30代後半の人に対しては、「マネジメント能力」と「即戦力」が求められています。人材育成を目的に35歳頃を上限に募集人員の年齢制限を設定している企業が多い中、30代後半を求める企業は、その人の持っている経験と能力を欲しがり、リーダー候補として育ってほしいという願いを持っています。ただし、未経験から異業種への転職は年齢的に厳しいと言わざるをえません。未経験からの転職を考えるのであれば、遅くとも30代前半までには転職をしておく方が良いでしょう。

30代後半で異業種への転職は可能?
未経験から異業種への転職が厳しくなる年代です。しかし、道が全くないわけではありません。異業種と言っても業務内容に似通っている点が多いのであれば、「未経験」とはみなされないこともあります。30代後半の人が持っているスキルを「うちの会社とは関係ない」と切り捨てるか、「共通するところはたくさんある」と汲み取ってくれるかは企業の考え方次第となりますが、似ているところがあると感じるのであればチャレンジしてみるのも良いかもしれません。しかし、そのような求人はとても少なくなりますので、慎重に選ぶ必要があります。

30代後半の人にオススメの転職サイト3選
今のキャリアを活かして年収アップなどを考えて転職するのであれば、業界大手の「リクルートエージェント」、「パソナキャリア」、「アデコ」の3社には登録しておきたいところです。リクルートエージェントの特徴は、知名度の高さと求人数の多さです。幅広い年齢層の転職に対応していますので、30代後半の場合、登録しておいて損はありません。パソナキャリアは丁寧なキャリアカウンセリングとハイキャリア転職に強いサイトです。アデコもキャリアカウンセリングには定評があり、外資系企業の求人も多いので、年収アップの転職にはオススメの転職サイトとなっています。